目指せFX職人!精神と時の部屋

専業トレーダーを目指し修行する猫の穴  ~1年後も今の自分のままでいいの~

カテゴリ:基礎学習(講座) > 特別講座

皆さんこんにちは!
今回は、基礎講座ではなく、特別講座02として「ローソク足で相場の流れを読む苦行」という事で書いていきますね

まず、最初にお伝えしておきますが、この学習方法は以前に紹介した、チャネルの魔術師「波乗りあっき~」さんがお勧めしていた学習方法です。
とてもいい苦行になると思うので、私なりに纏めた形で紹介したいと思います

もちろん、大元のネタは「波乗りあっき~」さんのとこなので、そちらでじっくり勉強するのが一番いいです。
リンクも貼っておきます、「ローソク足」というテーマでまとまっていたので、そちらのページのリンクです↓↓↓
「FXトレーダー あっき~のポンド円 波乗り日記」ローソク足で相場の流れを読む

では行ってみましょう

【ローソク足の出来方】
皆さんはローソク足の出来方をガン見したことありますか?

私は昔から5分足など知らず知らず結構ガン見してましたw

最初は分からなかったけど、ずっと見ていると足の出来方に結構法則があるな~と思い始めました。

具体的にはどういうことかというと、ローソク足の基本的な出来方は
陽線の場合:始値 ⇒ 安値 ⇒ 高値 ⇒ 終値
陰線の場合:始値 ⇒ 高値 ⇒ 安値 ⇒ 終値

という感じで出来てくることが一番多いです
もちろん違うパターンで出来上がる事も沢山ありますが、ずっとガン見しているとこの基本パターンで出来上がる事が多いと感じられるはずです

そして、この出来方の時間を細かく見ていくと、これまた結構法則性があるな~と思えます

そう、この法則性が分かってくると、ローソク足確定や足が出来る前半で入るのか?後半ではいれるのか?など、細かいタイミングがわかってきます
特にスキャルをしてる人などは数pipsでも有利な位置からエントリーできたりするし、デイトレにおいても、有利な位置からのエントリーならリスクリワードもよくなります

エントリーや決済の両方においてその数pipsに意識を向けてトレードする事で成績が大きく違ってくることもあります
そういう細かい部分を詰めるという事も大事だと思います

あっき~さん曰く、相場の時間軸にはある一定の傾向があり、そういった事を5分足のローソク足を観察する事で把握していくのが大事であり、それだけでも相場は圧倒的に有利になると言っています。

基本的にローソク足の出来方は、どの時間足でも同じであり、出来上がるまでの時間が違うだけで同じです

で、観察するのに一番いい足は、5分足がお勧めです
どういうパターンで足が出来上がるのか、そして出来上がった形はどういう足になったのか
それをめちゃくちゃ観察しましょう!
ちなみ、1分足は動きが激しくめちゃめちゃな事も多いので、沢山見れるという点からも5分足がお勧めです。

この内容を読むまでは意識してなかったですが、それまでにしらずによくガン見してたので、最初の1~2分は反対に行って、3~4分で順方向に進んで、最後の1分で戻したり、さらに伸びたりするな~となんとなく法則性は感じていました。

あらためて、意識的に出来方を観察すると納得する事が多かったです
たしか、以前に「にゃ~さん@波形ニスト」さんのTwitterで見た記憶があって探しましたw
2021-06-16_08h37_34
そう、このゾーマさんって方も同じような事を言ってますよね

このツイートを見た時も、やっぱそうなんだ~って変に納得したのを覚えていますww

みなさんもどうせ見るなら、そういう意識で足の出来方を見てみるのがいいと思います。


【具体的な学習の仕方】
具体的にどう観察をしていったらいいのかを書いておきますね

1)5分足の観察
5分足は先ほど書いたように、ローソク足がどこから出来始めるのか、最終的な形になるまでのパターン、そして高値や安値などそれぞれが出来るまでの時間帯などを観察してください

基本パターンだけじゃなく、いろいろな出来方をしていくと思います
また前の足の形や、それまでの流れで、出来方のパターンが変わったり
さらには、1時間、30分、15分などの切替わりの足の出来方など、いろいろな視点で観察していくとかなり面白いです

個人的には、キリのいい時間の切替わりから始まる足は今までの流れと逆行するような事が多かったり、足の出来始めは一番多いパターンどおり、大概逆行から始まるな~とか
なので、確定からちょっと戻してからエントリーしようかとか・・・

状況によっても傾向が見えたりと、それを知ってるだけでもかなり有利になりますね
しかし、そう思っても違う動きして、あれれwwって思う事もよくありますけどねw

2)日足の観察
もっと大きい時間軸での傾向を掴むという事もとてもいい学習になります。
例えば日足の出来方を観察したりするのもいいと思います

簡単に言うと、三大市場の東京時間、欧州時間、NY時間で、日足でいえば前半~中盤~後半という感じの動きを観察するという事です。

そう基本的な足の出来方を当てはめるなら
陽線の場合は
東京時間で安値をつけて、欧州時間で上昇し高値を付け、NY時間で戻して終値になるみたいな・・

そう、この大きな時間軸での傾向がわかると、かなり有利にシナリオ作りも出来るんじゃないかと思います
下のチャートは日足の陽線の出来方を15分足チャートでみた図です。
赤い枠のようなローソク足が日足のローソク足です。
2021-06-15_20h38_51


【学習に便利なインジケータ】
HT_Higher_Candle ←(HTFXさんの無料インジ)
先ほどのチャート画面に使っていますが、いわゆる、上位足のローソク足を同時に表示できるインジです。(以前の特別講座01で紹介したインジ)

上の画像はユーロドルの15分足に日足のローソク足を表示しています
このように見たい上位時間のローソク足を表示できるため、各時間帯の流れが分かりやすいと思います

また、この日足のローソク足を単に陰線陽線としてみるのではなく、日々の高値安値はどの時間にどういう風に作られるのか?
そういう1日の流れを考えならが日足のローソク足を見ていくと、大きな流れがだんだんわかってきたり、次の日の足はこんな形になるんじゃないかとある程度予測できたりするそうです

あっき~さん曰くは、手書きで日足のローソク足を書くのがいいと言っていますので、インジに頼らず手書きがいいかもしれませんねw

私も時々やっていますが、マスターするまではなかなかの道のりです(;^_^A

②3大市場の色分けインジケータ
東京市場、欧州市場、NY市場の三大市場に枠をつけたり、色分けしてくれるインジケータです
三大市場の動きを観察するには便利なインジで、日足の出来方と合わせて各市場での動きを観察するにも便利なインジだと思います

「三大市場色分けインジ」などで検索してみてください、いろいろなインジが無料で出てくると思います
この色分けインジと、先ほどの上位足のローソク足表示インジを組み合わせるとこんな感じです

ちなみに、下のチャートは私がもっている有料インジで、有料だけに三大市場だけでなく、日、週の色分け、各市場の高値中値安値、ボラなど細かい設定も出来るインジです

2021-06-15_21h00_28


ローソク足の出来方を観察する用に、チャート設定して定型に保存しておくとすぐに苦行が出来ますね
興味持った方は、是非ローソク足の出来方を観察してみてください。

ただ、苦行全部に言える事ですが1日2日程度やったからと言ってすぐにわかるようなものではありません
これも継続して学習したり、日々のチャートもこういう意識で見てみることが大事です
頑張ってみてくださいね


【最後に&余談】
今回はちょっと画像が少なめで文書ばかりで分かりづらかったかもしれません
また「波乗りあっき~」さんの記事での内容だったので、ちょっと気が引けるような気もします(;^_^A
ただ、とてもいい学習方法なので、皆にも是非紹介したかったという気持ちもあり、今回の特別講座となりました。

そして、本家の「波乗りあっき~」さんの記事にはもっと大事な内容もたくさん書かれていたりするので、この講座読むより、本家の記事をじっくり読んでみることをお勧めします

また、今回の内容だけでなく、他にも相場の流れや角度など、とても勉強になる記事がたくさんあるので、是非じっくり読んでみることをお勧めします

あっき~さんがらみで、以前に少し紹介したMAからローソク足を書く練習などをやってる人もいたりといろんな苦行の仕方もあるので、またおいおい紹介してみたいと思います

さて、次回ですが、最近この基礎講座に時間を獲られる事が多いので、ちょっと通常苦行もしっかりやりたいな~と思ったりもしている所です
基礎講座は基礎講座でいい苦行にはなるんですが・・w

とりあえず、前から考えていた「ウォルフ波動」をやったら、しばらく休止にしようかと思ったりも・・・
まあ、まだはっきり決めてはないので、また来週やってから考えますね

では、今回の特別講座はこの辺で、次回をまたお楽しみに~

皆さんこんにちは!
GWポコニカルマスター講座の連動企画として特別講座を開催しますねww
初心者さんや、MT4にまだ慣れてない方は、便利なインジケータを結構知らない人も多いという事で急遽、おまけ的に特別講座をUPする事にしました。

無料から有料の物までいろいろありますが、チャート分析やトレードに役立つ便利なインジケータを紹介しますね
ちなみに私の現在使っているインジは「★印」つけてるので、参考にしてみてね

それと、最初に注意点を書いておくね
便利だからと言って、沢山インジケータを入れると、チャートが重くなったり、またインジケータやEAの相性があってフリーズしたりすることもあるので、必要最小限にするのがお勧めですよ

では行ってみましょう

【インジケータ・EAの導入方法】
まずは、MT4にインジケータを導入する方法を説明します
知ってる人は飛ばしてOKですよ

①MT4の左上のメニューの「ファイル」をクリック
②中にある項目の「データフォルダを開く」をクリック
③ファイルフォルダが開くので、その中の「MQL4」を開く
*その下にある水色1番の矢印の「templates」に自分が設定保存した定型のチャートが保存されています、新しく追加したい場合はこのフォルダに追加するといいです

④フォルダの中の「Indicators」のフォルダに導入したいインジケータのファイルを入れます
⑤ファイルを入れたら、一旦MT4を再起動してください、再起動しないとそままでインジケータが認識されず使えませんので、一旦MT4を閉じて、再度立ち上げてくださいね

*「Indicators」と同じフォルダ内にある青色2番の「Experts]のフォルダにはEAと呼ばれるファイルを入れる場所です
これも同じように入れたら一旦MT4を再起動してね
2021-05-03_12h06_01


【おすすめのサイトのインジケータ】
私が知っているインジケータで私も多く愛用しているインジケータを沢山公開してくれているサイトから紹介します

1)HT FX(MT4・MT5で快適トレード)(←ここから飛んでね)
便利なインジケータを沢山公開してくれており、しかも無料で使えるものがほとんどです
もうある意味神サイト!! 私もたくさん使わせてもらっています
沢山ありますが、その中で私が便利そうだというものをいくつか紹介しますね

①HT_Grid(★)
縦横のグリッド表示及び日本時間表示
グリッドの間隔や有り無しの設定、日本時間の表示はもちろん、東京・欧州・NY時間などの色分けなどかなり細かい設定も自由自在にできて、チャートの視認性が向上します
私も愛用しています

②HT_Simple_Grid
先ほどの、HT_Gridのシンプル版です
①番はかなり多機能なので、そこまで必要ないって人はこちらのシンプル版がいいかも

③HT_Line_Sync(★)
先日Twitterでも紹介した、複数チャート間にてラインや図形などを同期させるインジです
ラインや図形はもちろん、フィボナッチツールやテキストまでMT4にあるオブジェクトは全て同期可能であり、また必要なものだけを選択する事も可能です
さらに、どの時間足へ同期さすのか、またどの時間足だけに同期させるのかなどの細かい設定もできたり、上位足には同期させないとかの設定も可能です

さらにさらに、便利な所はインジケータを導入したチャートで色設定が可能であり、例えば4時間足のチャートでラインを青色とした場合、4時間足でラインを引くと自動で青色になり、同期する他のチャートも青色になります
なので、4時間足は青、1時間足は赤などと、それぞれ導入したチャートで設定すれば、時間足毎の色分けも可能です
ポコニカルの時間別でゾーン分けするのも簡単にできますよ
ただ、あくまで設定しているチャート内だけの色設定なので、同じチャートで時間を切り替えても色が変わるわけではありません

それと、同期の元になるチャートにはそれぞれインジを入れてください
例えば、4時間足、1時間足、5分足の3枚のチャートを使っていて、上位の4時間足と1時間足で引いたラインだけ同期させたい場合は、4時間、1時間に導入してください
同期させたいと思っても、このインジが入っていないチャートは同期しませんので注意ですよ

④HT_Zone_Extend(★)
これも先日紹介したインジで、四角形のオブジェクトを右側へ自動延長できるインジです
延長させるさせないの設定も出来たり、レジスタンスとサポートで色分けできたり、便利です

私は、③と④を併用してポコニカルのゾーン設定をしたりしています
5分足を開いた場合に、自動延長されてない場合がありますが、その際は上位足で引いているゾーンの右端のチェックマーク(延長するかどうかのチェック)を入り切りしてみるか、四角形をダブルクリックすると延長されると思います

ただ、ちょっと難点は、このインジが悪いわけじゃないんですが、本来の四角形をダブルクリックして選択した際に、上下の位置がずれたりすることがよくあるので、それが結構めんどくさいんですよね
なので、私は水平線を一番太くして、水平線で置き換えてこの近辺がゾーンだと意識するようにしています

また今回は紹介しませんが、有料で水平線をチャネルのように二重に引けてその間の色付けしてくれる物もあったりします、ただ若干重いので使ってはないです
ちなみに「OaTools」というやつです

⑤HT_2MA_ZONE(★)
MAリボンというインジをご存じの方もいるかと思いますが、それを同じように2つのMAの間に色を付けてくれるインジです
最近、私のチャートで使っているので、知っている人もいるかもしれませんね
MAの並びで色分けもしてくれるし、マルチタイムフレームのMAも使えて、さらにはSMAとEMAの間などの色付けも可能です
これもトレンドの方向が見た目ですぐにわかるのでいいと思います

⑥HT_Colorful_Fibo
フィボナッチリトレースメントの各ラインを好みの色や線種、文字の大きさなどの変更可能なインジで、ラインにアラート設定も簡単にできる便利なインジです
ただ、リトレースメントだけで、エクスパンションがないのが残念な所です
私も以前少し使ってましたが、同期できなかったんじゃないかと思うので、今は使ってません
このインジと別に、フィボの文字などを自由変更できるインジもありますが、そちらはその都度変更しなくてはいかず、固定設定が出来ないので使い勝手は悪そうです


⑦HT_Higher_Candle
いわゆる、上位足のローソク足を同時に表示できるインジです
1時間足のチャートで日足のローソク足を同時に表示できたりします
見た目はその日足のローソク足の中に1時間の足が24本表示されてるって感じですね
時間足の切り替えも簡単にできるので、上位足との関連や、上位足ではヒゲになってるな~なんてこともわかるので、使っている人もいるんじゃないかと思います

また、今度紹介しようと思っている、ローソク足の出来方の学習にも使えるインジなので覚えておいてくださいね

⑧HT_MTF_Fix_MA
マルチタイムフレーム表示が出来るMAのインジです
5分足に1時間足のMAとか上位足のMAの表示ができ、よくみるカクカク線のような表示もできるし、確定した点を結んでなめらかに、通常のMAのような表示もできます

機能は同じですが、私は別のMTFMAのインジを使っています(別途紹介します)

⑨HT_Simple_Panel(★)
エントリー用のEAです
インジケータではなくエキスパートアドバイザーです
設定した資金の%でロットの自動計算してくれたり、複数ポジの一括決済、50%の決済などの簡単にでき、指値(OCO)もラインを動かすことで簡単に注文出来たりします
もちろん、その損切位置に応じてロットも自動計算してくれたりします
MT4の注文パネルは4Kの液晶じゃない場合、ノートPCなどでは大きすぎて邪魔になりますよね
パネルもワンクリックで表示非表示を切り替えらるし、結構軽いので重宝して使ってます


有名どころでは、SpeedMT4なども便利ですが、別画面になる所がちょっと・・・
後は何とかイズムのプロコンなどもありますね、ただ、ちょっと高いのと、この後紹介するFXmtさんのインジとは相性が悪くて、チャートが重くなるのが難点ですね
実のところはプロコンとほぼ同じ機能で動作も軽くて、価格も1/4くらいのEAもあるんですけどね
もし、知りたいという方はご一報ください教えます

以上、HT FXさんのインジはこんな感じですね
他にたくさん便利なインジがあるので、探してみてくださいね


2)FXmt (←ここから飛んでね)
知る人ぞ知るサイトですね
この方のインジの一番の特徴はアラートです
水平線、トレンドライン、垂直線、MA、BB(ボリンジャーバンド)などにON・OFFが表示され、そのボタンを押すだけで簡単にアラート設定が可能です
しかも、アラート設定が細かく出来、タッチ、確定抜けや、ラインに対してのアラートを鳴らす幅も設定でき(ワイド設定)、ずっとチャートに張り付くことなく、チャンスもしっかりアラートできるインジです

さらには、ProEX(有料)のEAを使うと、このアラートがなるタイミングで決済やSLを移動してくれたりとさらに便利に使う事が出来ます

無料版は定期的なパスワード設定が必要ですが無料で使えるので、まずは試してみるといいと思います
Proシリーズとして有料版もあります、機能的にはほぼ同じで、パスワード設定がないので煩わしくないです。
MA、BB、H(水平線)、T(トレンドライン)、V(垂直線)・・これは無料だったかな?
HL(前日全週前月などの自動高値安値表示)、日本時間&スプレッド&残り時間表示(私はこれを使ってます)、チャート同期、トレードの履歴表示、EAも何種類かあったと思います
また、通常は配布されていない、EAなどもある条件を満たしたら手に入ったりもします

各インジやEAはサイトをご覧くださいね、ちなみに私は全て有料版を持っています


【その他便利なインジケータ】
①MTF-MA・MTF-MA_3Line(★)
私が使っているマルチタイムフレームのMAで無料です
いわゆるカクカク線の上位足MAを表示するインジケータですね
同じところだったか忘れましたが、最初MTF-MAはMAが1本だけで、後の3Lineという名前のインジがMAを3本表示できます

どっから探したか覚えてないので、名前で検索して探してみてください

②ShiftCart(★)
以前にも紹介していますが、このインジがある意味神インジです
苦行(過去検証)にはなくてはならない、超便利なインジです

複数チャートで垂直線を引いた位置に、他のチャートも同期して表示してくれます
例えば、5分足で過去のチャートに線を入れたら、上位の1時間や4時間足も同じ位置に縦線が入り一瞬で同じ位置を表示させてくれます
よく、上位足で縦線を引いて下位足を見ようとしてずれてどこか探すのに時間がかかったりするときがありますよね、そういう煩わしさとおさらばでき、検証がサクサク進むインジです

執行足でエントリー位置に合わせると上位足ではどういう環境だったのか?などすぐ表示できて超便利
しかも、多通貨にも同期できるので、ポン円がこの時はポンドルやドル円はどんな動きだったのか?などいろいろと便利に使えますよ

有料ですが、金額的に高くないので苦行するなら入れておいても損はありません
是非導入する事をお勧めするインジの一つです

③OpenFiboGuide(★)
前回の基礎講座で紹介したインジで、私も愛用しています
有料ですが、それほど高くはなかったと思います
フィボの文字を大きく出来たり、ポイントクリックするだけである程度自動で引くことが出来るし、一番は色分けが簡単なので、重宝しています
トレードの記録を残す画像を作る際も文字が大きいので後で見てもわかりやすいと思います

お試し版もあるので、とりあえずそちらで試してから、良ければ購入したらいいと思います

④STAMP_next(★)
こちらのインジも先ほどのフィボのインジと同じ人が作っているインジケータで、数字を簡単にスタンプのようにチャートに表示できるインジです
エリオット波動のカウントをMT4のチャートで簡単に番号を打ったりできるので便利だと思います
私は、そういう使い方はしておらず、機能の中にショートカットキーで簡単に短いトレンドラインを表示できるので、それが使いたくて入れています
MT4のデフォルトのトレンドラインだとラインを延長するかどうかをいちいちプロパティで変更するのが面倒なので、このインジがあると通常のトレンドラインと短いラインを使い分けできるためです
特に必要というわけでもないので、お好みでどうぞ

⑤PT_Symbol
通貨名と時間足を表示してくれるインジケータです
私はちょっと違うインジ(一般には手に入らない)を使ってますが、チャートの右上に表示があると思います

これもトレードの記録を残すときや、他の人に説明する際に表示しているとどのチャートがどの時間足なのか、どの通貨なのか?が分かりやすいと思います

まあ、これも好みによるので、必要ない人は興味ないと思います


【最後に&余談】
私が使っているインジを中心にそのほか便利なインジも紹介してみましたが、結構長くなちゃいましたね

ポコニカル的には、複数チャート同期や四角形の自動延長、フィボなどのインジがあればかなり便利だと思います。もちろん、シフトチャートは一押しですよww

他にも、東京時間、欧州時間、NY時間の色分けをしてくれるインジや、MAの傾きで色が変わるインジ、パーフェクトオーダーを通知してくれるインジ、プライスアクションの包み足やはらみ足ピンバーを表示するインジ、ジグザグ的に波形を表すようなインジ、自動でトレンドライン引いたりフィボを引いたりするもの、一目均衡表のズレを修正したインジや、オシレーター系のインジなどなど、あらゆるインジが数多く存在します

自分が必要と思うインジは探してみるのもいいんですが、あくまで補助っていう事を忘れないでくださいね
昨日Twitterでも書きましたけど、インジマニアになるのは本末転倒だし、インジを入れすぎてチャートが重くなって大事な時にエントリーや決済が出来なかったりと、数多く入れたら便利というわけではありません

自分が必要なものを最小限に入れるって事です
そう、あくまで補助だという事をお忘れなく!


最後に余談ですが
インジマニアになるなと書きましたが、私も昔はいろいろなインジを探しまくって、試したりもしていましたww
今回の特別講座を作るにあたり、どんだけファイルがあるんだろうと調べてみた所・・・

なんと!!400くらいインジがありましたよww
人の事をエラそうに言ってる場合じゃなく、自分がインジマニアなのかもしれませんね(爆)

インジに限らず、テクニカルの基礎なども、何でも知りたくなっちゃう性格なので、ついつい奥の方まで手を出しちゃうんです
これがいいのか、悪いのかどっちとも言えませんが、無駄に知識だけはあったりするんですよねww

長くなってきたのでこの辺で終了しますが、MT4自体の便利な操作方法とか設定とかも紹介したら喜ばれるかな?なんてことも少し思いましたが・・・

「是非紹介して!」と思ったそこのあなた!!
そう、なんでも人に頼るとロクな事はありませんよww
自己責任で投資の世界に入るなら、一番使うトレードのソフトを知らない、調べないなんてありえませんよ。

今はインターネットという便利なものがあるので、自分で調べて学習しようと思えばいくらでできますよね、自分の足元ですら自分自身で学習出来ないなら論外です

分からない事はいつも出てきますが、まずは自分の頭と手を使って調べてみてくださいね
他人の時間を奪って学習した気になってもなにも学べませんからね

最後にちょっとブラックタマさん登場しましたが、まずは意識を変えて頑張ってみてください

では、本当に終了します、次回は通常の基礎講座(移動平均線)をやりますからね~

このページのトップヘ