目指せFX職人!精神と時の部屋

専業トレーダーを目指し修行する猫の穴  ~1年後も今の自分のままでいいの~

2021年02月

今週は日足のチャネル上限も抜けてきて、相変わらずの上昇相場でしたね。
調整部分でチャンスはいくつかありました

2月最後の週となり、あっという間に一カ月も終了!
ホント、一カ月いや一年が瞬きするように早く感じるのは私だけじゃないはずww

今月はいろいろと考える事が多く、どうもまだ自分軸がしっかり出来てない
苦行する課題がたくさんあるな~改めて知らされた一カ月だった。

先週ヒントは見つけたものの、まだ試行錯誤中って感じです
自分の見えるもの、見えたものを一つ一つ検証して結果を考察しながら進んでいくしか道はない

話は変わりますが、以前から気になっていて、あるきっかけで読み始めた本があります
【世界一のプロ・ゲーマーの「仕事術」勝ち続ける意志力】 梅原大吾著

この本がめっちゃ面白い! 心にグサグサ刺さりまくってるw
まだ、全部読んだわけではないが、ゲーマーの世界だけじゃなく、それ以外の世界でも通じるもがたくさんある。
ただ、「勝つ」んじゃなく、「勝ち続ける事」が重要

1回勝つだけなら、奇襲戦法やギャブルでも勝てるが、勝ち続けるとなるとそう簡単な事じゃない
勝ち続けるためには、どういう思考やどういう努力(学習)が必要なのか?
もちろん結果は必須だが、それまでの過程はもっと大事

相場もプロフェッショナルの世界であり、完全自己責任の勝負事
ポコさんがよく言っている通り「それまでの過程が死ぬほど大事」
相場分析だけじゃなく、学習の仕方にも言える事

さらには、相場との付き合い方、そう「家庭も大事」って事だなww
自分や家族の幸せを願って始めたのに、生活をないがしろにしてたら本末転倒だ!

うまく落ちたところでw
さて、今週のチャート分析行ってみましょう!


<追伸>
振返り学習は見直し分析を行って再更新しています

◆週足
2021-08-08_21h38_59
◆日足
2021-08-08_21h39_50
◆4時間足
2021-08-08_21h40_21
◆1時間足
2021-08-08_21h43_03
2/22(月)

[日時・ポジ保有時間] 1本目
下降MAPOでチャンスありだが、マイルールの15時以降からでは、1H200MA付近+下側のサポートゾーンもあり見送り

[エントリーチャート]
2021-08-08_21h36_44

本日の基礎講座は、基本中の基本、そう「ダウ理論」について書いていくよ。

為替相場でも、株式相場や先物相場、そして仮想通貨などでも世界中のトレーダーが注目している基準。
そう、世界中のトレーダーが意識しているという事は、テクニカルとして一番効きがいいって事だよね。
これを知らずして、相場を分析したり、ましてやトレードしていくなんて、かなり危なっかしい事だと思いませんか?

ダウ理論を知ると、今まで霧がかかっていてはっきり見えなかった道が、急に見やすくなるって感覚かな~
それが一番最初に訪れる変化の第一段階、そう自分の中で「点」が見えた瞬間ですね
自分の中でブレイクする瞬間、ひらめいた時に頭の中で電灯がピカッと付くような感覚、なんとも気持ちいいい瞬間です。

基本中の基本で特に大事なテクニカルの一つだけど、あくまで「点」の一つに過ぎない
ダウ理論に限らず、まずはこの「点」探しを始めることからテクニカル分析の学習がスタートする。
そして、ある日、見えてきた多くの「点」が繋がって「線」なる瞬間がやってくる。

「点」を発見した時以上に「おぉ~!!」って叫びたくなるような感動して気持ちいい瞬間が訪れる、これが第二段階。

同じチャートを見てるのに、劇的に見え方が変わってくる。
基礎と基礎が結びついた瞬間、1+1=2じゃなくて、3にも4にもなる感覚
そして、この「線」と「線」が重なり、「太線」になりそして「面」となる
さらに、「面」と「面」が繋がって「立体」になるみたいなww

自分もまだまだだけど、自分の中でブレイクする瞬間を何度も迎えたいと思うし、迎えるために学習を継続することがなにより大事。

ちょっと本題からそれていってるねw

ダウ理論を知ると、トレンドやレンジの区分けが出来たり、相場の向かってる方向もわかってくる
ある意味、地図のような感じ
よく現在位置やこれからの目的地を示すと言われるエリオット波動などもこのダウ理論の応用みたいなものだと思ってる。

ダウ理論については、ポコニカルを学習している苦行仲間もブログやnoteなどで沢山アウトプットしてるので、詳しくは説明しないし、自分の中でしっかり腑に落ちるように、しっかり学習してみてくださいね。

ダウ理論は6つの理論から成り立ってるが、私的に重要な理論は2つだけ
理論1:価格は全ての事象を織り込む
理論6:トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

今回纏めている資料は、トレンド判定の定義、そしてトレンド転換の定義の2つです。
押し安値や戻り高値の定義はもちろんだけど、トレンド転換する際に、戻り高値や押し安値がどう移動していくのか、トレンドの状態をどう判断していくのかを簡単にまとめた資料になります

トレンド転換の資料を見ると気が付くよね
そう、おなじみのフォーメーションが見えてくる!

前回の反転足でもちょっと触れてるけど、ローソク足の組合せの中でこういう動きになってるって事だよね。
最小単位のローソク足の中でもトレンド転換が起きてる、だから反転足なんだよね

ほら!点と点が繋がったでしょ!
超面白いと思わない? 面白くなってきたらもう止められないよww
苦行が楽しくてしょうがなくなる
どんどん、苦行してこの繋がる瞬間をたくさん味わっていこう!

じゃ、第3回の基礎講座はこれで終了、次回は波動のパターン「チャートパターンやエリオット波動の6波動」などをやってみようと思います、次回もお楽しみに~
2021-02-24_06h23_22
2021-02-24_06h24_49

[日時・ポジ保有時間]
2021/2/22(月)NY時間 22時05分~ 1時間30分

[エントリーパターン]
ネックリトレースドン(三尊ネック三尊)
200/600パターン

[環境認識・エントリー判断]
・日足ゾーン
・三尊ネック三尊
・200/600パターン
・75MAのG2
・FRゾーン(61.8~38.2)

[決済シナリオ(リスクリワード)]
<SL>-15P:左肩
<TP>+25P:600MA
<RR>1.6

[考察(注意点・学習ポイント)]
・まだ上昇MAPOでもあり、200MAも抜けてないので注意が必要な所
・200MAぬけからのエントリーでもよかったかもしれないが、あまり下だと1H25MAもあるため微妙な所

[エントリーチャート]
2021-08-08_21h21_12

今週も相変わらず上位足が上昇相場って事もあって、チャンスも少なかったり、判断に迷うような場面もいくつかあった一週間でした。

そして、今週は自分のトレードを改め考えさせらた一週間となった。
以前から、なるべく売り買い、そして見送りの判断をシンプルにしたいと思っている。
その判断基準となる、チャート設定もなるべくシンプルにしたい

複数のMAやラインだらけにならないように、出来るだけ少なくしていきたい

これは、自分の傾向として、あまりたくさんの情報を入れると、そっちに目が行き過ぎたり、エントリーを躊躇させたりすることがあるからだ

肝心の値動きに目がいかず、MAやライン、Fiboの数値ばかりにとらわれていては本末転倒
あくまで、値動きが大事、それを見やすく補助してくれるためのツール

「勘違いしちゃだめだ!勘違いしちゃだめだ!勘違いしちゃだめだ!」(エヴァのシンジ君風)ww

相場の本質を見なきゃいつまでたってもブレイクできない!

有名なFX勉強会のみ〇くさんもよく言ってる
「値動きの意味を考える」
V字反転で全戻し・・という事は?  この「という事は?」って思考が大事

自分の得意なものは?
自分のよく目につくものは?
逆に囚われ過ぎるものは?

やっぱ一番の苦行は己を知るって事だな
これが最強の自分軸

週末もじっくり考えて、また来週の相場に挑んでいくぞ~
なんだか、振り返り学習というより、だんだんコラムのようになってきてる(爆)

「なるべくシンプルに!」
この課題で、また新たな苦行をスタート!

さて、今週のチャート分析行ってみましょう!


<追伸>
振返り学習の分析を見直して再更新しています


◆週足
2021-08-08_21h07_51
◆日足
2021-08-08_21h08_46
◆4時間足
2021-08-08_21h09_26
◆1時間足
2021-08-08_21h11_01
2/15(月)

このページのトップヘ